【実体験】ホストクラブの体験入店って何するの?店舗の選び方も詳しく紹介します!

ホストになりたい方、ホストの体験入店に興味がある方へ。

現在ホストに興味があるから体験入店してみたいけど、体験入店ってなにをするんだろう?

あと、「ホストクラブって怖いイメージがあって、一歩踏み出す勇気がなかなかでない…。」

と、考えていませんか?

そんな方向けに、本記事では以下の内容を解説しています。

<本記事の内容>

  • ホストの体験入店ってなにするの?
  • ホストの体験入店では即日給料がもらえる!
  • ホストクラブの失敗しない店の選び方
  • 【注意】ホストクラブの体験荒らしはやめましょう!
  • 実際にホストクラブの体験入店に行った感想

この記事を書いている僕は、実際に体験入店をしてからホストになりました。

おすすめのお店の紹介もしているので、体験入店するお店を探している方もぜひ一度目を通してみてください。

ホストの体験入店ってなにするの?

ホストの体験入店では、普段ホストが実際にこなしている業務を体験させてもらえます。

たとえば、

床やテーブルなどをはじめとしたお店の掃除
グラスやおしぼりなどのテーブルの準備
お酒の作り方や注ぎ方
タバコの火のつけ方
テーブルマナー
本物のお客様相手に接客

これらを、先輩ホストに教えてもらいながら体験することができます。

「え?いきなり接客もするの?」

と思った方もいらっしゃるかと思いますが、体験入店のときにつけてもらうテーブルは、やさしい先輩やお客様の場合が大半なので、心配せずとも大丈夫です。

また、体験入店の時間はだいたい2時間~3時間程度になります。

5時間程度の場所もありますが、これは完全にお店によりけりなので、実際に行こうと思うお店の体験内容や体験時間を事前に確認しておきましょう。

なお、ホストとしての仕事内容については、以下の記事でも紹介していますのであわせてチェックしてみてくださいね!

ホストクラブの体験入店をする際の持ち物

ホストクラブの体験入店をする際の持ち物は、身分証明書だけで大丈夫です。

普通のアルバイトやお仕事では履歴書が必須ですが、ホストクラブの体験入店では必要ありません。

なぜなら、お店に着くと履歴書を書かされるからです。

ホストクラブでは、やる気や野心を持っている方を求めています。

そういった部分を深く掘り下げられる履歴書をホストクラブ側が用意しているので、こちらで事前に準備していく必要はありません。

ですので、強いて言えば「やる気」と「野心」の準備は必要です。笑

また、メモ帳や筆記用具の準備は最低限できるようにしておくと、相手に好印象ですし、条件などお互いの意見の相違を防ぐこともできますし、なお良いと思います。

ホストの体験入店をする際の服装は?

ホストの体験入店をする際の服装は、お店の雰囲気に合わせたものがベストです。

一昔前までは、ホストといえばスーツ。

というイメージがあったと思うのですが、最近ではカジュアルさを売りにしているお店もかなり増えてきています。

ですので、必ずしもスーツが正解ではありません。

体験入店しようと思うお店のHPやSNSをチェックしたり、事前に問い合わせるなどしてお店に合った服装を決めるのがいいでしょう。

ホストの体験入店では即日給料がもらえる!

ホストの体験入店をすると、1日が終わったタイミングで給料を受け取ることができます。

大体5,000円~20,000円程度もらえます。

れ以上の金額を提示しているお店は、誇大広告で人を集めている可能性もあるので注意してください。

なかには入店してから支払うお店もありますので、すぐにお金がほしい方はそこに注意しましょう。

なお、実際にホストになった場合の給料は、以下で詳しく紹介しています!

気になる方は、ぜひご覧くださいね。

ホストクラブの失敗しない店の選び方

ホストクラブの体験入店を行う場合は、店舗内の雰囲気 ・先輩や後輩の雰囲気でお店を選ぶことが一番大切です。

どんなお仕事でもそうだと思うのですが、人間関係がよくない場所では働き続けられません。

ですので、従業員の満足度がどうかを確認することが大切です。

あとは、

  • 大型店や有名店かどうか
  • 給与体制(バック率)
  • 福利厚生(寮に入れる条件など)

も大切になってきます。

それぞれ、詳しくご紹介しますので、ご覧ください。

ポイント1.大型店や有名店かどうか

例えば、グループに所属している大型店や有名店であれば、不当に扱われることも少ないです。

なぜなら、それだけ大きい規模でホストクラブを展開するならホスト同士のいざこざや働きづらい環境では人がついてこないからです。

大きいお店では人間関係にストレスを感じることなく安心して働けるというメリットがあります。

ポイント2.給与体制(バック率)

ホストで働くに当たって、給料がいくらもらえるのかは必ず気になるポイントでしょう。

ホストクラブは歩合制のため、自分が売り上げた金額の何パーセントなどを給料として還元されます。

歩合制とは?

売上の〇%を掛けた金額を給料としてもらう仕組みです。

例えば、売り上げが100万円、歩合率が60%だった場合、

100万円(売上金額×)60%(歩合率)=60万円(給料)

となります。

パーセンテージはホストクラブによって異なるため、店舗を選ぶ際は必ずチェックしてくださいね。

ちなみに、そのパーセンテージはホスト業界ではバック率と呼ばれます。

バック率の例を大阪のホストクラブで見てみましょう。

アトムグループ:バック率最大60%
大阪男塾:バック率最大80%
Club AQUQ:バック率最大74%
CINDERELLA:バック率最大70%最高70%バック

上記のとおり、ホストクラブによってバック率が違うことがわかりますよね。

ならべく条件のいいところを選びたいですが、あくまで第一は自分が働きやすいと思う雰囲気のお店を選びましょう。

給料が高いお店であっても楽しくなければ続きませんよ!

ポイント3.福利厚生

ホストクラブの福利厚生はさまざまなものがあります。

例えば、寮を完備していたり、スーツの貸出、整形費用保証、入店祝いなどがあります。

この福利厚生もやはり大型店舗の方が充実しています。

もちろん、お店によって違いますので、自分に取って良い条件の福利厚生かどうかチェックして見てくださいね。

【結論】働くホストクラブは大型店舗から選ぼう!

以上3つの内容ををチェックすることで、自分に合ったお店を選ぶことができる確率がグンと上がります。

少し余談なのですが、大きいお店を選ぶということは、お店でトップに立つのが難しい。ということを意味しています。

あたり前ですよね?それだけ優秀な人もライバルも多いですから。

さらに、新規のお客様が付きづらいという面もあります。

逆に、小さいお店ならライバルも少ないですし、新規のお客様の相手をさせて貰える可能性も高いですし、トップに立つチャンスを掴みやすいかもしれません。

ただ、小さいお店はやはり安定感に欠けます。

給与・福利厚生・教育の面でも不安ですし、そもそもお店がなくなる可能性だってあります。

どちらを取るかは自由ですが、大きい有名なお店でナンバーに入るかっこよさがありますよね。

失敗しないお店選びという観点からも、ホストとしての成功という面でも、僕は上に挙げた条件を満たすお店を選ぶことが一番だと思いますよ。

大阪のホストクラブで働くならココ!オススメ店舗3選を紹介

働くホストクラブを選ぶポイントがわかったところで僕がおすすめする大阪ミナミのお店を紹介します!

大阪ミナミのホストクラブ大阪男塾

大阪男塾
引用:大阪ミナミのホストクラブ大阪男塾

こちらは、失敗しないホストクラブ選びの観点から僕が選ぶイチオシのお店です。

大阪男塾は、

  • 関西No.1ホスト選手権2016優勝
  • 関西No.1ホスト選手権2017準優勝
  • ONEグループ年間売上3年連続1位

の実績をもつ大型店舗です。

東京、大阪を中心に活動中のお笑い芸人や雑誌モデルも在籍し、実力派ホストもそろっています。

イケメンもヴィジュアル系も可愛い系まで様々なホストがいることも特徴です。

また、新人でも一気に有名ホストになれる土台が用意されています。

「大阪ホスト塾」でのホスト講習などの教育制度を始め、新人ピックアップ特典で、1ヶ月目から人気ホストの仲間入りのチャンスがあります!

実際に現在人気プレイヤーとして働くホストのうち7人が新人世代カラ100万円以上稼いでいるようです!

新人ホストが100万円オーバー
引用:大阪ミナミのホストクラブ大阪男塾

ホストを未経験から始めるならこのお店が一番オススメです!

気になる方は、ぜひ大阪男塾に体験入店してくださいね!

大阪ミナミのホストクラブCINDERELLA

CINDERRELA
引用:大阪ミナミのホストクラブCINDERRELA

https://www.host2.jp/shop/cinderella_osaka/recruit.html より引用

こちらもおすすめのホストクラブです!

CINDERELLAはなんと2019年6月にオープンしたばかりの新生ホストクラブ!

未経験の方でもNo.1になれる可能性が少なくありません。

また、受け入れ態勢が整った環境が準備されており、いつでも体験入店を大歓迎しているようですよ!

CINDERELLAの面接、体験入店の流れは、

  1. リラックス、コミュニケーション
  2. 履歴書、身分証明書の確認
  3. 当店の方針、面接
  4. 給料体制の説明
  5. テーブルマナー(接客技術)指導
  6. ホール業務*先輩ホストの補助の元接客
  7. 営業終了後、相談、今後について・・・
  8. 本日の給料

となっています。

またCINDERELLAではスーツ着用となっていますが、貸し出しも行っているので、自分のスーツを持っていなくても大丈夫です。

CINDERELLAが気になる方は一度体験入店に訪れてみてくださいね!

CINDERELLAに体験入店の申し込みをする

【注意】ホストクラブの体験入店荒らしはやめましょう!

ホストクラブの体験入店を繰り返すことを、「体入荒らし」といいます。

これは「絶対」にやめてください!

ホストクラブの業界では、体験入店荒らししているとブラックリストに入れられてしまいます。

夜の仕事はお店同士のつながりが強いので、何度も体験入店を繰り返すと、警戒して入店を断られてしまうこともあります。

体験料がもらえるからといって、何店舗も回らないよう気を付けましょう。

どれだけ多く回っても、5、6店舗までを徹底してください。

また、体験入店を繰り返すことは非常に効率が悪いです。

本入(入店すること)すれば、勤続ボーナスや売り上げボーナスがつき、一気に稼ぐことができます。

先ほど、5、6店舗といいましたが、正直これでも多いくらいで、実際は2、3店舗で決めてしまうのが最もスムーズです。

実際僕も3店舗できめました。

2、3店舗で自分の入るお店を決められるよう、しっかり準備をしてから体験入店に臨むようにしてください。

実際にホストクラブの体験入店に行った感想

ここからは、僕の体験入店の実体験をお話しします。

僕が行ったのは、歌舞伎町にあるお店でした。

事前にラインでお店の方と予定を合わせ、開店前の17:00頃に店舗へ向かいました。

当初は説明だけ聞いて帰る予定だったのですが、給料体制がかなり良かったこと・同年代(20代前半)のキャストが多かったことから、そのまま体験入店することを決めました。

初めての夜の世界に、最初はビビりまくりでした。笑

でも、内勤(ホストクラブの裏方の仕事をしている方)の人が非常に優しく、手取り足取り指導してくださったので、次第に空気に慣れていくことができました。

そうこうしているうちに18:00になり開店し、続々とお姉さん達がお店にやってきました。

その日は3卓ついたのですが、

  • 1卓目 ナンバーワンホストとエースの卓
  • 2卓目 地獄
  • 3卓目 社長卓

という感じでした。

客層としては、20代前半から半ばまでの女性が多かったです。

まず1卓目、こちらはかなりガチガチだった僕をリラックスさせてくれました。

ナンバーワンホストの方が僕に話題をたくさん振ってくださったので、すぐに打ち解けることが

できたんですよね。

さすがナンバーワンホストは違うな、と思わされました。

 次が地獄でした…

体験入店ではほぼないことですが、たまたま担当のキャストと客が喧嘩しているところに入れられてしまったため、一言も喋らずに座っていました。

これはホストの経験一発目としてはキツかったですが、実際にホストになってからはもっと苦しい経験もあったので、今思えばなんてことないですね。

最後は、社長と常連のお客様の卓につきました。

こちらは特に問題なく、「これからホストとして頑張りたい」など夢を語り合い、楽しく過ごせました。

 そのような感じで3時間を過ごし、4,500円ほどいただき、僕の体験入店は終わりました。

最終的にはこちらのお店で働くことを決めました。

以上のとおり、ホストクラブの体験入店はいままでやったことのない仕事に携われます。

また、体験入店でお店の雰囲気やどんな仕事をするのかも分かり、ホストとして働きたいと思っている方にとって行かない手はありません。

ホストクラブで働きたいと少しでも考えている方は、勇気をもって気になるお店に体験入店のお申し込みをしてくださいね!

まとめ

 記事のポイントをまとめます。

  • 掃除から接客までの業務を体験できる
  • 掃除から接客までの業務を体験できる
  • 即日5000~20000円もらえる
  • 勤務時間は2~5時間
  • 従業員の評判がいいところ、大きいお店を選ぶべし

こんな感じです。

 特に、お店選びを失敗しないことはなにより大切です。

本記事でおすすめ店舗の紹介もしているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

メンキャバとホストの違いって何!?メンキャバで働くメリットはコレだ!

ホストクラブの値段の仕組みを徹底調査!手軽に楽しむコツとは!?