ホス狂の末路とは!?ホストにはまる女の特徴や抜け出す方法

ホス狂の末路とは!?ホストにはまる女の特徴や抜け出す方法

ホストクラブに通っている女性の中には「ホス狂(ホスきょう)」「ホス狂い(ホスぐるい)」と呼ばれる女性がいます。

ホス狂やホス狂いとは、その名のとおり、ホストに狂ってしまうことだよ。

今回は、ホス狂とは何か?ホス狂の末路や行動、なりやすい人の性格など、ホス狂から抜け出す対策やホストを楽しむ方法と合わせてご説明します!

なお、別途記事ではホストにはまったホス狂の芸能人も紹介しています。

気になる人はチェックしてみてくださいね!

そもそもホス狂ってなに?

ホス狂とは

ホス狂とは、自分の日常に悪影響が出てもホストクラブに通い続けてしまう人のことを言います。

日常とは違う、煌びやかなホストクラブの世界にはまって金銭感覚が狂ったり、夜の仕事に転職までしてしまう人もいるんです。

ホス狂と担当狂いの違い

担当狂い

ホストに通う女性たちの中には、ホス狂の他に、担当狂いと呼ばれる人たちもいます。

担当狂いとは、担当のホストのことが大好きで、一途になりすぎて担当ホストに尽くしすぎたり、嫉妬や束縛をしてしまう人たちのことを言います。

担当狂いとホス狂の違いは、担当狂いは担当ホストにのみ尽くすけど、ホス狂の場合は他店のホストクラブに通うこともあるということだよ!

つまり、担当狂いの方がホストへの執着心が強く、ストーカーや掲示板で被り客の悪口を書き込んだりと過激ということです。

ホス狂がたどりつく末路は2つ

ホス狂がホストクラブで使うお金は、一般的な人が使う金額とはかけ離れています。

日常で使うお金を切り詰めてまでホストにつぎ込み、それも限界がくると以下のような状況に陥ります。

風俗店やキャバクラなど夜の仕事をするようになる

風俗やキャバクラで働く

ホストクラブに行くと、一晩で3万円程度は簡単に使ってしまいます。

シャンパンなどのボトルを入れれば、1度の支払いで5万円以上になることも珍しくないわよね!

ホストクラブに通い詰めてしまうと、昼の仕事の給料では足りません。

そのため、風俗やキャバクラなど、お金が稼げる夜の仕事をするようになるのです。

中には、お金を使わせるために、夜の仕事をするようにそそのかすホストもいるのが現状です。

借金ができる

借金をする

ホストクラブには「売り掛け」という制度があります。

売り掛けとは、ホストクラブで使った代金をツケとして、お店や担当ホストが立て替えてくれるシステムのことだよ。

ホストに貢ぐお金がその場で支払えないため、売り掛けを利用して借金ができてしまうのです。

売り掛けを支払うために、親や友人、金融機関から借金する場合もあり、その結果破産に繋がります。

Twitterでホス狂あるあるを調査!ホス狂がする行動とは?

Twitter

ホス狂は、どのようなことを考えて、どんな行動を取っているのでしょうか?

ホス狂のあるあるを調査してみました。

1.メンヘラ化する

Twitterで調査したところ、メンヘラ化するホス狂を多数見受けられました。

メンヘラツイートをするホス狂の言動を見てみましょう。

メンヘラそのもの!間違いなく精神が狂っている状態が怖いですね。

https://twitter.com/i__am__hachi/status/615796397711863810?s=20

本当に彼氏を待っていたのかは分かりませんが、ホス狂の中にはホストと自分は恋人の関係だと信じている人も少なくありません。

自分の殻にこもってしまう、自分に自信がなくて精神的に病んでます。

2.指名ホストの被り客と争う

女同士の争い

ホス狂の行動その2として見れらたのが、指名ホストの被り客とトラブルになってしまうことです。

女性は怖い!トラブルを起こしてしまうのが想像できます。

https://twitter.com/TantousanLove/status/1118004857363808259?s=20

さらにお金をつぎ込むパターン?人生が崩壊するのが目に見えています。

3.金銭感覚がおかしくなる

そしてホス狂の3つ目の怖さは金銭感覚が狂うことです。

ホス狂の金銭感覚と比べるところを見ると、あなたもすでに金銭感覚が狂っています。

人生を舐めきってますね!メンヘラ化してるところも怖いです。

自覚している今なら、まだ立ち直れるかもしれません。

ホス狂になりやすい人の特徴

ホス狂になりやすい女性の特徴をまとめました。

自分は大丈夫だと思っている人も、改めて自分の性格と照らし合わせてみましょう。

自分は大丈夫だと思っている人も、改めて自分の性格と照らし合わせてみてね。

1.寂しがり屋

寂しがり屋

ホストクラブでは、イケメンがお姫様のように優しく扱って甘い言葉をかけてくれます。

まるで自分のことを好きかのように喋り掛けてくれるため、寂しがり屋の女性にとっては、それがとても快感になります。

その快感を忘れられず、1度のみならず2度目、3度目とホストクラブに訪れるうちに癖になり、通うのを辞められなくなってしまうのです。

2.自分に自信がない

自分に自信がない女性は、普段人から褒められることはほとんどありません。

たとえ歯が浮くようなお世辞であっても、自分のことを褒めてくれるホストの言葉に舞い上がってしまいます。

自分に自信がない人ほど、ホストにどっぷりとはまってしまうのです。

3.情にあつい

面倒見がよくて頼まれると断れない情にあつい女性は、困っている人を放っておくことができません。

ホストに「今月売上がきついからお店に来て」といわれるとつい助けてあげたくなってしまうのです。

言われるがままにお金をどんどん貢いでしまう、ホストに取っては格好の獲物といっても過言ではありません。

4.自己顕示欲が強い

シャンパンコールや高いボトルを入れるなど、ホストクラブでは皆の注目を集める場面がたくさんあります。

「注目を浴びるのがたまらない」「イケメンホストと一緒にいるのを自慢したい」など、自己顕示欲が強い人は、のめり込む可能性が高いです。

5.日常がつまらないと思っている

日常がつまらない

ホストクラブは、お金さえあれば欲望が満たせる非現実の世界です。

日常がつまらないと思っている人にとっては、刺激を与えてくれるホストクラブはクセになることでしょう。

6.悩みを相談できる人がいない

ホストは、愚痴や悩みなどなんでも親身になって聞いてくれます。

悩みを相談できる相手がいない人は、相談に乗ってくれるホストに恋愛感情を抱いてしまう可能性があります。

7.計画を立てるのが苦手

計画的な考えができない人は、その場の感情に載せられて大金を使ってしまいがちです。

金銭感覚が狂ってしまう人に多い特徴です。

ホス狂から抜け出すための対策

ホストクラブは依存性の高い場所。

ホストは依存させるようにいろいろなテクニックを使ってアプローチしてきます。

ホス狂から抜け出すためには、強い意志を持って対策を練りましょう!

次からは、ホス狂から抜け出すための対策6つを紹介します。

1.ホストとの連絡を絶つ

ホス狂を辞めたいと思ったときに1番はじめにすることは、ホストとの連絡手段は全て絶つことです。

ホストというのは営業職と同じですから、巧みな言葉を使って連絡をしてきます。

ホストのお願いを断る自身がない人は、電話やLINE、SNSなど、連絡先を全て削除しましょう。

2.彼氏を作る

彼氏をつくる

ホス狂になってしまう人の多くは、寂しい気持ちを満たしたいという願望を持っています。

ホストとは全く無縁な彼氏を作ることで、大切な存在ができて精神的に満たされるはずです。

彼氏を作るための行動を起こしてみましょう。

3.友人や家族に協力してもらう

ホストクラブに行きたいという気持ちを抑えられないため、一人でホス狂から抜け出すのは簡単なことではありません。

自分のことを叱ってくれる友人や家族に相談して、協力してもらいましょう。

4.1人暮らしの場合は実家に戻る

実家に戻る

実家に戻るのは、ホス狂から抜け出すのにはかなり有効な方法です。

実家に戻ることで寂しい思いをしないし、自分を叱ってくれる人と生活ができます。

生活環境を変えるのは重要なポイントです。

5.カウンセリングを受ける

ホス狂は、依存症という疾患でもあります。

どんな対策を取ってもホス狂から抜け出せない場合は、精神科を受診しましょう。

手遅れになってしまうと、多額の借金を抱えるばかりでなく、うつ病などを発症してしまう可能性もあります。

依存症は治りますから、きちんと診断を受けてください。

6.VRでホストクラブを楽しむ

VRホストクラブ
引用:うちホス

現在は、VR動画でホストクラブを楽しめる方法があります。

ゴーグルやヘッドホンを利用することで、臨場感があるホストクラブが体験できるのです。

自宅で安心して楽しめるし、この方法だったらお金をつぎ込んでしまう心配がありません。

デリホス(出張ホスト)を利用する

ホストクラブは使う金額も高く、はまってしまうと日常生活がままならなくなる場合もあります。

そんな時におすすめなのがリホス。

別名出張ホストとも言います。

デリホスは、ホストクラブに行くのではなく、出張ホストの会社に所属する男性とデートや食事を楽しめるものです。

デート代は、女性側が負担する必要がありますが、シャンパンなど高いお酒をねだられることはないので金額的に安心。

しかも時間内はずっと2人きりで過ごせるので、ストレスがありません。

デリホスに関しては、別途記事で説明していますので、参考にしてください。

ホス狂にならずにホストクラブを楽しむ方法

遊ぶ時のポイントを理解しておけば、ホス狂にならずにホストクラブを楽しめます。

楽しむ方法を、しっかりと心得ておきましょう。

1.ホストに使う金額を決めておく

ホストに使う金額を決めておく

ホストクラブは、一晩で100万円以上ものお金を使ってしまうこともある場所です。

1ヶ月のホストに使う金額や1日当たりの金額など、あらかじめ決めておきましょう。

2. ホストは仕事であるということを理解する

ホストは、お客様をその気にさせてお金を使わせるように、甘い言葉で誘惑してきます。

恋人同士のような気分も味わえますが、あくまでも仕事です。

本気ではないということを、しっかりと心得ておきましょう。

3.ホストを好きになってしまう前に通うのを辞める

ホストのことを本気で好きになると、ホストに頼まれるがままにお金をつぎ込んでしまう可能性があります。

好きになる前に、ホストクラブに通うのを辞めましょう。

もしくは、特定のホストを好きにならないよう、何店舗かのホストクラブに通うのがおすすめです。

4.友営をしているホストの客になる

友達営業

ホストの営業の一つに、友達のように接する友達営業(友営)があります。

友営の場合は、恋愛感情を抱くことも少ないので、お金に関しても冷静に考えられます。

また、友営をするホストは、基本的にお客様の数で勝負するため、無理にお金を払わそうとしない人が多いです。

どうしてもホストクラブに行きたいけど、ハマらない自信がないという人は友営をしているホストを狙っていくことをおすすめします。

5.現実から目をそらさない

日常が嫌だったりつまらないと思っている人は、ホストクラブに依存する可能性があります。

現実から目をそらさずに、楽しみを見つけておきましょう。

ホストに依存しない環境を作っておくことは、ホス狂にならないための最も大切なことです。

まとめ

ホス狂とは、自分の日常に悪影響が出てもホストクラブに通い続けてしまう人のこと。

担当狂いとよく間違えられますが、担当狂いは、ホストクラブに執着しているわけではなく、担当ホストのみに執着している人をさします。

ホス狂になってしまうと、金銭感覚だけでなく、人生も狂って後戻りできなくなる可能性もあるのよ。

また、万が一ホス狂になってしまった場合、抜け出すのは簡単ではありません。

ホス狂から抜け出すためには、ホストとの連絡を一切絶つなどの自分の強い意志を持つ必要があるんだ。

なお、ホス狂にならずにホストクラブを楽しみたいという人はホストに使う金額を決めておきましょう。

そして、あくまでもホストは仕事であることを忘れないでください。

ホストクラブに初めて行く人は正しい楽しみ方を知って、日常に影響がでない程度に楽しんでくださいね!

現実の楽しみを見つけてホストに依存しない環境を作っておけば、ホス狂に陥る心配はありませんよ。

あわせて読みたい記事