ぶっちゃけいくら稼げる?ホストクラブの給料システム・現役ホストの給料を大公開!

ぶっちゃけいくら稼げる?ホストクラブの給料システム・現役ホストの給料を大公開!

ホストって実際にどのくらいの給料が貰えるか気になりませんか?

「人気ホストは稼げるけど、人気が出ないと全然稼げないんでしょ?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

結論を言うと、ホストクラブでは売上をあげていなくても最低保証システムにより、ある程度は売上をあげなくても給料を受け取ることができるんです!

「え、ホストなのに売上を上げなくても給料が貰えるの?」と驚くかと思いますが、もちろん、この給料システムには落とし穴が存在します!

今回は、給料システムについてや実際にどれくらいのホストが稼げているのかを徹底的に調査します!

また、現役ホストにインタビューしてわかった売上額から給料の計算もしてみましたので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ホストクラブの給料システムは歩合給が基本!

ホストクラブでの給料システムは以下の3つから成り立ちます。

<ホストクラブの給料システム>

  • 基本給(最低保証給)
  • 歩合給
  • 賞金

基本的に、ホストクラブの給料システムは自分の実力給とも言われる「歩合給」がメインです。

とはいえ、歩合給だけではなく、昼のお仕事のように基本給というものも存在するため、「売上が0円だったらどうしよう…」と悩む必要はありません!

ホストクラブにも基本給(最低保証給)が存在する!

ホストクラブの給料システムは基本的に歩合制ですが最低保証給も存在します。

最低保証金こそが売上をあげずとも一定期間給料が貰える秘密!

お店によって違いますが、おおよそ月額15万円程度貰うことができますよ!

また、月額制ではなく、1日の最低日当などの規定を設けているホストクラブもあります。

1日の最低日当を採用しているホストクラブをチェックしてみると、どの店舗も日当として大体7,000~8,000円を採用しています。

とはいえ、ホストクラブは必ず最低保証を採用している訳ではなく、最低保証を設けていない店舗も存在しますので注意が必要です!

ホストの基本給には落とし穴がある!

ホストクラブの求人情報に記載されている最低保証金ですが、実は、毎月ずっと貰えるわけではありません!

ホストは実力主義の世界であるため、最初の1ヶ月は最低保証金全額が支払われますが、たいていの場合、1ヶ月を過ぎると保証金の金額が少なくなっていきます。

なぜなら、毎月のヘアメイク代や運営費、家を借りている場合は、家賃と言った費用を引かれるようになるから。

自分を指名してくれるお客様を持たなくては月々の給料が10万円を切ることもあるということですね。

ホストクラブによっては9割以上が10万円以下の給料ということもありますので、売上をあげる努力を怠ってはいけませんよ!

ホストの給料のメインである歩合給

ホストの給料のメインとなるのが歩合給です!

歩合給とは、お客様にお酒をいれてもらった金額のうち、お店の規定で決まっている何割かを給料としてもらうシステムのことです。

一般的なホストクラブで採用されている計算式を見ていきましょう。

<歩合給の計算方法>

売上=(お客様の飲食代+指名料)×歩合率=ホストの給料

つまりは、ホストのお仕事は指名客がつき、売上が高ければ高いほど儲かるお仕事ということです!

平均どのくらい稼いでいるかというのは、後程説明してますので参考にしてくださいね!

バック率は50%~70%が平均

ホストクラブのバック率は、店舗やホストの知名度によって違いますが、おおよそ50%が平均と言われています。

上記のようにホストクラブではバック率が50%からが普通であり、多いところではバック率80%を謳っているところもあります!

このバック率をよく理解していいないと、売上を上げても給料が少なくなってしまうので注意してくださいね。

例えば、お客様が100万円のシャンパンを注文してくれた際に、バック率が80%の場合、それだけで80万円の歩合給が入ってきます。

しかし、バック率が30%の場合、収入は30万円となり50万円も損することになります。

<売上100万円、バック率80%と30%の場合の給料の違い>

100万円(売上)×80%(バック率)=80万円(給料)
100万円×(売上)×30%(バック率)=30万円(給料)

給料面で損しないためにも、ホストクラブ選びは重要であることが分かりますね。

また、トップクラスのホストと売上をあげていないホストではバック率が変動する場合もありますので、面接に行った際には初期の段階でどれくらいのバックが貰えるのか担当者に確認しましょう!

ホストクラブで行われる選手権を勝ち抜けば賞金が貰える!

ホストクラブでは、一般企業のようなボーナス制度の代わりに、賞金制度を採用しているケースがほとんどです。

売上No.1のホストに賞金が贈られたり、指名本数No.1ホストに賞金が贈られたりと、賞の種類も店舗によって違います。

指名のつかない新人ホストのために、ヘルプ賞という賞を用意しているホストクラブも存在しますので、稼げるか不安な方は、まずはそういった賞金制度を実施している店舗に入店してみるのも一つの手ですよ!

【注意】お客様の未払い金「売り掛け」が給料から引かれる

自分の頑張りが高く評価されるシステムを採用しているホストクラブですが、お客様の未払金、いわゆる売り掛けはホストの給料から天引きされるという点に注意が必要です!

楽しく飲食したはいいですが、いざ勘定の段階で「今手持ちがなかった」などという女性客も実際にいます。

女性客に手持ちがなかった場合、そのお金は指名ホストが支払いをするというホスト界の鉄則があるのです。

そのため、お客様に無理矢理高いお酒を頼むと、最悪ホストがツケとして支払わなくてはいけなくなります。

売り掛け金の支払いで切羽詰まってしまうことも。

実際に暴力問題にも発展しまうこともあるのです。

ホストになって指名客がついたからと言って、不用意にお酒を頼んでしまうと後悔する羽目にもなりかねませんので注意してくださいね!

ホストクラブの給料は手渡しが基本

入れ替わりの激しいホストクラブでは、給料は現金手渡しが基本です。

「手渡しって面倒くさいな」と感じる人もいるかもしれませんが、封筒の厚みで自分の頑張りが直に伝わるシステムになっているため、ホストのモチベーションの向上にもつながるのです!

また、他のホストがいる場所で渡すことでホスト同士の競争を促す店舗側の思惑もあると考えられますね。

ホストの平均的な給料はいくら?実際に稼げている割合を調査!

ホストの手取りの給料は平均どの程度なのか気になりませんか?

ホストの月収は以下のような分布になります。

ホストクラブの月収の割合
引用:年収ガイド:年収・収入に関する総合情報サイト

上記のグラフを見ると1,000万円以上稼げるプレイヤーは、ホストの中でも1%のみ。

また、約70%と大多数が月々0円~20万円程度しか稼げない厳しい業界であることが分かりますね。

最低保証金がつかないホストクラブでは給料が0円ということも

ホストクラブでは、最低保証金という基本給が採用されることが多いため、給料が0円になるということはほとんどありません。

とはいえ、最低保証金を明示していないホストクラブもありますので、そういったお店を選ぶと指名が付かなければ給料が0円ということもあり得ます!

また、はじめ数か月のみ最低保証金が採用され、それ以降は歩合給のみというお店も。

というより、最終的には歩合給のみの支払いとなるホストクラブがほとんどです。

ホスト業界では、最終的に自分でお客様を獲得しないと、月の給料が0で円生活できなくなるという危険性があることも理解しておいてくださいね!

アルバイトでも月数十万~100万円以上稼いでる人もいる

アルバイトのホストでも頑張り次第では、月に数十万円〜100万円以上も稼げます!

大学生が居酒屋でアルバイトしたところでせいぜい数万円として、比較するとホストのアルバイトはかなり高額収入であることがわかりますね。

とはいえ、アルバイトのホストでも指名客を持たなくては高額収入は望めません。

少ない出勤日数の中で、どれだけ自分の魅力をアピールし、指名客を得られるかが高額収入のカギになります。

また、ホストの収入金額は働くお店のバック率によって違うためお店選びは慎重に行う必要があります。

バック率の低いホストクラブを選んでしまうと、収入額が大幅に少なくなることも考えられますので注意してくださいね!

なお、バイトホストの給料や仕事内容については、以下で詳しく説明していますので参考にしてくださいね!

大阪の現役ホストに給料を聞いてみた!

現役ホストの給料

皆さん、現役のホストがいくら稼いでいるか気になりませんか?

今回は、大阪ミナミの大型ホストクラブ「大阪男塾」の新人ホスト楓 宗次郎さんとベテラン人気ホスト千堂 葵さんにインタビューしてみました!

入店2ヶ月目の新人ホストの給料は35万円!

まずは、大阪ミナミのホストクラブ大阪男塾のホスト、楓 宗次郎さんに給料を聞いてみました!

楓宗次朗
引用:大阪ミナミのホストクラブ|大阪男塾

楓 宗次郎さんの売上は、2ヶ月目にして約70万円!

大阪男塾の求人情報で明示している最高バック率80%で計算してみたところ、なんと給料は56万円です。
※バック率とは、売上のうち自分に入る給料の割合

まだ入店2ヶ月の新人ホストにして給料がサラリーマン全体の平均月収以上。

入店2ヶ月にしてサラリーマン以上の給料が稼げるホストは、高収入を狙う人にはおすすめの職業でしょう。

大阪ホスト界のレジェンド!給料は1,500万円!?

続いて、大阪ミナミのホストクラブ大阪男塾のベテラン人気ホスト千堂 葵さんにお話しを聞いてみました。

大阪男塾の千堂葵
引用:大阪ミナミのホストクラブ|大阪男塾

千堂葵さんは、大阪男塾のレジェンドとも言われるホスト。

そんな千堂 葵さんの最高売上は3,000万円!

バック率を80%として計算すると、なんと、1ヶ月で2,400万円の給料を貰っている計算になります!

1ヶ月で2,400万円も貰うとして、何に使うのでしょうか?

努力次第でかなりの高収入を見込めるホストは夢が広がりますね!

大阪ミナミと歌舞伎町のホストクラブの給料を比較!

繁華街

ホストクラブを大阪ミナミと歌舞伎町を比較すると、給料の差はあまりありません。

大阪ミナミも歌舞伎町もホストクラブが多いことで有名ですので、どちらにもホスト目当ての人は多く集まるのです。

とはいえ、「ホストは歌舞伎町が1番稼げる」という話も耳にしますよね。

たしかに、1,000万円、2,000万円規模で稼ぐホストが歌舞伎町に多いのは事実です。

しかし、歌舞伎町で1,000万円以上稼ぐ人は芸能人ばりのイケメンで接客も完璧にこなす極一部であり、平均の月収で言うのであれば、大阪ミナミの方が高いと言われています。

なぜなら、歌舞伎町は売れっ子ホストがかなりの力を持っているため、新人ホストにはかなり厳しい街だから。

実際、歌舞伎町で稼げるのは自分の魅力や個性の売り出し方をよく理解していて、かつ、ホストとしての接客力も抜群にあるベテランホストが大半です。

つまり、新人ホストには厳しい街ということですね!

「歌舞伎町でホストになったのに全然稼げない」という事態を防ぐために、ある程度ホストとしての力をつけてから歌舞伎町へ挑戦することをおすすめします。

給料の未払いに注意!ホストクラブは大手を選ぼう

ホストクラブを選ぶ際にはできるだけ大手のホストクラブを選んでください!

知名度があり、カリスマホストが在籍するホストクラブを選べば安心です。

なぜ大手のホストクラブが良いかというと、ホストクラブは集客率が悪ければ経営難に陥り、急な閉店や給料の未払い等のトラブルに巻き込まれることも多いからです。

また、悪質なホストクラブの場合は、経営難に限らず、給料を支払わないということもありますので、働く店舗を選ぶときはよく見極めることが大切です。

その点大手なら給料未払いなどの問題が起きることは少なく安心できます。

ホストクラブで働くならまずは体験入店!賃金はいくら貰える?

ホストクラブで働いてみたいと感じたならまずは体験入店をしてみましょう。

体験入店をすることでお店の雰囲気がわかりますし、自分に合った環境かどうかもわかります。

なお、ホストクラブの体験入店では賃金は支払われます!

お店や地域によって金額差はありますが、おおよそ5,000円〜20,000円の賃金を得ることができます!

体験入店の場合は給料は基本即日支払い!

ホストクラブの体験入店ではその場で給料を即日払いしてもらえます。

即日支払いをしてくれなかったホストクラブは悪質なお店の可能性もあるため、入店を断念したほうが良いでしょう。

ホストクラブの仕事内容は?休みはあるの?

ホストクラブの仕事内容

いくら給料がよくても仕事内容がきつかったり、休みがなければ、ホストクラブで働くことにためらいますよね。

実際のホストの仕事内容、仕事の流れをまとめてみました。

<ホストクラブの仕事内容>

  1. 出勤後は掃除などの開店準備
  2. お客様のお酒をつくり乾杯
  3. ライターサービス
  4. 灰皿の取り替え
  5. 席を移るときの挨拶も仕事のうち
  6. 閉店後の掃除
  7. 新人ホストの教育

ホストは、主に女性を接客することが仕事です。

とはいえ、女性と楽しく話しながらお酒を飲むだけでは一流のホストとは言えません!

気持ちよく過ごせるように灰皿を取り替えたり、タバコを吸う方にはライターの火を差し出したりとお客様を気遣うことも仕事のひとつです。

また、ホストクラブ内だけではなく仕事前にお客様と会って一緒に店まで行く「同伴営業」や仕事終わりの「アフター」、「LINEのやりとり」など営業時間外にも積極的にお客様と関わる必要があります。

ホストは、決して楽な仕事とはいえませんが「実力主義の社会で自分の力を試したい!」というやる気のある方には向いている仕事と言えるでしょう!

ホストの仕事内容について、もっと詳しく知りたい方は、以下で紹介しているので確認してみてください!

ホストクラブは週6日出勤が当たり前!

大抵のホストクラブでは、週6日の勤務が義務付けられています。

となると、休みは週1日しかないことになります。

しかし、ホストの1日の勤務時間は約6、7時間が平均ですのでサラリーマンとしての毎日8時間働くよりは短いことも事実。

つまり、ホストクラブの休日は週1日とサラリーマンよりも少ないですが、毎日フリーの時間も多いので、激務という訳でもないことが分かりますね。

ホストって将来性のある仕事なの?

「ホストの仕事って若い時鹿できないんでしょ?」と考える方もいるのではないでしょうか?

実際には60歳になっても現役ホストをしている人もいます!

さらに、ホストからあがって、内勤として働く人も多いです。

ホスト経験のある内勤であれば、プレイヤーからしても頼りがいのある存在なので、安心してたよれますよね。

また、完全に昼のお仕事に転向する人もいます。

実際にアンケートで調査してみました!

ホストを辞めた後の職業の割合

20人にアンケートをした結果、上記のように。

昼職に転向した人は、以下のような仕事をしているとのことです。

<昼職に転向した人の仕事内容>

  • サラリーマン
  • 工事現場
  • 会社の経営者

ホストからどのような道に行くかは自分次第。

自分の道を見つけて、満足できる人生を送ってください!

まとめ

ホストクラブの給料は、新人でも最低15万円、ベテランになると1,000万円以上貰うことができます!

人気が上がればその分給料も上がるシステムになっているため、どれだけ自分の魅力が伝えられるかがカギになりますよ。

とはいえ、ホストになる場合は自分の魅力だけでなく、店選びも重要です!

入るホストクラブによっては、給料の未払いなど不当な扱いを受けることがありますので注意してくださいね。

ホストになりたい方は、まずはホストクラブの体験入店をして、先輩の話を聞いたり店舗の雰囲気を読み取ってから入店をするようにしましょう。

あわせて読みたい記事

コメントを残す

it's easy to post a comment

CAPTCHA