【完全版】ホストクラブの魅力とは?ハマらず楽しむためのポイントも紹介!

【完全版】ホストクラブの魅力とは?ハマらず楽しむためのポイントも紹介!

現代では、ホストが私服で接客したり、ギラギラとした服装をしないことが増えたことからも、身近に感じるようになりました。

しかし、まだまだホストクラブの魅力が分からないという人が少なくないのも事実。

そこで今回は、ホストクラブの魅力やハマる理由について詳しくご紹介します。

また、ホストクラブにハマるとどうなるのか、ハマらないようにするための注意点もご説明するので気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

ホストクラブの魅力とは?

ホストクラブは、初回来店時はまだしも2回目以降の来店時は決して安い値段で遊べるところではありません。

しかし、それでもホストクラブでお金を使うお客様がいるのは、女性が求めていることを叶えてくれるからです。

まずは女性に満足感を与えてくれる、ホストクラブの魅力についてご紹介します!

魅力1:イケメンと会話できる

イケメンと会話できる

ホストクラブでは、日常生活の中では出会うことがないイケメンホスト達と話せます

もちろん、イケメンに感じるかどうかは女性の好みにもよりますが、接客業のホストは身なりや見た目に気を使っているため、見た目で不快に感じることは少ないでしょう。

しかも初回来店時は複数のホストに接客してもらうことができるので、例えばかっこいい系や可愛い系、V系などさまざまなタイプのホストと会話ができます!

その中からお気に入りのホストを決めて、次回来店時に指名することで気に入ったホストに接客をしてもらうことができますよ。

魅力2:ちやほやしてもらえる

ちやほやされる

ホストクラブは、女性客のことをお姫様のように大切に扱ってくれる場所。

ホストの営業方法※にもよりますが、何でも話を聞いてくれるし喜ばせてくれます。

※営業方法とは?

ホストによって友達営業・本命営業・オラオラ営業など営業スタイルがあります。
ホストの営業方法を詳しく知りたい人はコチラ≫

ちやほやされると、「自分に興味を持ってくれているんだ」ということが実感できますよね!

特に、辛いことがあった人や一人は寂しいという人には魅力に感じるでしょう。

魅力3:担当ホストの売上に貢献できる

売上に貢献できるか

ホストは、毎月の売上金額でランキングが変わります。

ランキングによりホストクラブでの立場が変わるため、ホストにとって売上金額は重要な指標です!

売上金額は指名客の飲食代で左右されるため、お気に入りのホストを指名してお酒を飲むことで売上に貢献できるのです。

姉御肌タイプの人や男性を育てたいという人は、担当ホストにお金を使うことで満足感が得られますよ!

非日常的な空間

ホストクラブは、豪華できらびやかな雰囲気の中で女性をお姫様のように大切に扱ってくれる場所です。

日常生活では、お姫様のように接してくれる感覚などなかなか味わうことはできませんよね!

しかし、現実では体験できないことが、ホストクラブでは当たり前のように味わえるのです。

魅力5:お酒でストレス発散できる

お酒でストレス発散できる

ホストクラブは、お酒を飲んだりホストとの会話を楽しむ場所です。

お酒によるリラックス効果で気分も良くなるので、ストレスを発散するのにはピッタリですよ!

さらにイケメンとのトークということもあって、日常のストレスはすぐに消えてしまうでしょう。

女性がホストクラブにハマる理由

1度ホストクラブに行くとハマってしまう人もいます。

なぜハマってしまうのかを詳しく紹介しますね!

理由1:ストレスから解放されて思いっきり楽しめる

ストレス発散ができる

ホストは、女性のおもてなしをして心を癒すのが仕事です。

優れたトーク力はもちろん、聞き上手でもあるホストに悩みを聞いてもらうことで、ストレスから解放されるという女性も多いのです!

豪華な店内に派手な演出、さらにホストの豪快な飲みっぷりを目の前にすれば、嫌なことなどすぐに忘れてしまうでしょう。

優しく接してくれる男性と煌びやかな空間でお酒をかわしながら会話をする、そんなホストクラブに快感を覚え、ハマってしまう人も少なくありません!

理由2:日常の寂しさを埋められる

寂しさを忘れられる

ホストは、売上金額に貢献してくれる人や気まぐれで、プライベートな時間も一緒に過ごしてくれる場合があります。

例えば、以下の2つです。

同伴

ホストクラブに訪れる前に一緒にご飯やデートをすること

アフター

ホストクラブで遊んだ後、営業終わりにデートをすること

その他、旅行や休日デートをしてくれるホストもいますよ!

プライベートでも一緒に過ごしてくれることで、店員と客というのを忘れてしまい段々とホストクラブにハマってしまうこともあります。

理由3:担当ホストを応援したいという気持ち

ホストを応援したい

ホストクラブ内で序列が決まるランキングは、売上によって変わります。

多くのホストがこのランキング入りを目指しているため、好きな人であれば応援したくなりますよね。

ランキング入りするまで売上に貢献してホストを育てることで、感謝されたり好待遇を受けられることに快感を覚え、ホストにハマってしまう人もいます。

新人ホストであってもお金を使って応援すれば、トップランクに入ることも夢ではありません。

担当してくれるホストが成長していく過程を楽しむのも、ハマってしまう理由の一つです。

ホストクラブの魅力にハマりすぎるとどうなる?

魅力がいっぱいのホストクラブは、節度を持ってさえいれば楽しく遊べる場所です。

しかしホストクラブにハマりすぎると、取り返しがつかないことになる場合もあるので注意しなくてはなりません。

担当ホストに貢いでしまう

担当ホストに貢ぐ

ホストクラブでは高額なお酒を注文することで、ホストが喜んでくれます。

ホストが喜ぶことでお客様自身も嬉しくなったり優越感に浸れて、どんどんお金を使うようになってしまいます。

その結果、自分の生活費を削ってまでホストに貢いでしまい、精神的に病んでしまうこともあるのです。

借金の返済に追われる生活になる

借金してしまう

ホストクラブの料金は決して安くはありません。

ホストにハマって頻繁にホストクラブに通うようになれば、月に何十万円、何百万円ものお金を使う場合もあるのです。

OLなど昼職の仕事をしている女性の収入では、給料はもちろん貯金もけずり、最終的には消費者金融やホストクラブに借金をして返済に追われる可能性もあります。

お金を稼ぐために夜職をする

夜職に転職する

昼職の仕事をしている20代女性の平均年収250万円~300万円程度。

20代~30代女性の年駿
引用:マイナビウーマン

月収に換算すると20万円~25万円程度になります。

ホストクラブハマってしまうと、20万円程度はすぐに使い切ってしまいます。

お金がなくなればホストクラブにも行けないので、ホストにハマっている女性は、「もっと簡単に稼ぎたい」と夜職を始めるケースが多いのです。

Check!

  • 昼職:OLや販売員など昼に働く職業のこと
  • 夜職:キャバ嬢や風俗など夜に働く職業のこと

夜職の中でも風俗は最も高給が稼げる仕事であり、ホストクラブに通うために、昼職と夜職を掛け持ちする女性もいます。

ホストクラブの魅力にハマりすぎないようにするには

ホストにハマりすぎると、身を滅ぼしてしまう可能性もあります。

節度を持ってホストクラブで楽しむためにも、ハマりすぎないようにするための注意点をしっかりと頭に入れておきましょう。

ホストクラブに行く前に予算を決めておく

予算を決めておく

ホストクラブに行く時には使っても大丈夫な金額を計算し、予算を決めておきましょう。

お金を使いすぎてしまうのは自分が使えるお金を考えていないからです。

ぼんやりとした計画ではなく、毎月使える金額をしっかりと計算しそれ以上は決して使わないことを念頭においてホストクラブに訪れましょう。

料金をツケ払いにしない

売掛を利用する

ホストクラブでは、飲食代を後日にしてもらう「売掛」というシステムがあります。

飲食代を後日払いにできるとなれば、羽目を外してお酒を気軽に注文してしまいますよね。

売掛は借金と変わりませんし、払えなければ夜職や消費者金融を紹介される可能性もあります。

料金は、絶対に売掛払いにしないことを徹底してくださいね。

あくまで遊びだと割り切る

遊びだと割り切る

ホストクラブは、ホストと疑似恋愛を楽しむところで、あくまでも遊びだと割り切りホストに本当の恋愛感情を持つのはやめましょう。

ホストクラブで大金を使ってしまうのは、ホストと恋愛関係になってしまうのも原因の一つです。

ホストは自分にたくさんのお金を使ってもらうために、恋愛関係を築こうとします。

つまり、お金がなければホストは相手にしてくれない可能性も高いということを覚えておいてくださいね。

まとめ

ホストクラブは、イケメンとお酒を飲みながら会話をできることですが、その他以下のような魅力もあります!

イケメンホストがちやほやしてお姫様のように扱ってくれる場所、非日常の世界でお酒を飲んでストレス発散ができるところが魅力です。

しかし、ホストクラブの甘い魅力につられて、ハマってしまうと大変なことになる場合もあります。

ホストにハマることでどんな影響があるか例を出すと、以下のとおりです。

ホストにハマらず楽しむには、あらかじめ使うお金をしっかり決めてからホストクラブに訪れてくださいね。

魅力にハマらないように十分に注意して、お金に余裕がある時の遊びや、自分へのご褒美として楽しみましょう。

あわせて読みたい記事