ホストは女性客とアフターすべき?メリット・デメリット・断り方まで紹介します!

ホストは女性客とアフターすべき?メリット・デメリット・断り方まで紹介します!

ホストの仕事内容の1つに、「アフター」があります。

アフターは営業外に行われる仕事のため、絶対にやらなくてはいけないという事はありません。

しかし、アフターを行うことで売上が上がる可能性があるというのも事実です。

ホストの中にはアフターをすべきかどうか、迷っている人もいるのではないでしょうか?

ここでは、アフターとはなんなのか、アフターのメリットやデメリットなど、アフターの断り方などと合わせてわかりやすくご説明します。

なお、女性がホストをアフターに誘う方法は以下の記事で解説しています。

ホストがするアフターと同伴の違い

ホストクラブでは、営業時間外の仕事として同伴とアフターがあります。

簡単に説明すると以下のような違いがあります。

<同伴とアフターの違い>
内容
時間
料金
アフター
  • 食事
  • カラオケ
  • ホテル
営業後~翌日約5,000~20,000円程
同伴
  • 食事
  • 買い物
出勤前約2,000円

詳しくは以下から紹介します。

アフター

ホスト アフター

ホストがよく使う「アフター」とは、お店の営業時間が終わった後にお客さんと二人きりで食事などのデートを楽しむことです。

同伴とは違い、時間に縛られることがないため、ホストの意思で何時間でも過ごすことができます。

気を良くした客がお店でお金を使ってくれることもありますので、アフターをするメリットはあります。

しかも自由なだけに、お客さんとのトラブルに発展する可能性もあるので注意しましょう。

同伴

同伴は、出勤時間前にお客さんと食事やデートを楽しむことです。

お客様を連れて出勤するので、売上に繋がるシステムなのです。

出勤前に恋人気分を味わってもらうことで、お客様の気分も盛り上がり、結果、お店でたくさんお金を使ってもらうことができます。

また、お気に入りのホストと一緒に入店できるので、お客様の優越感と独占欲を満たすことができるというメリットもあります。

アフターの料金ってホスト持ち?客待ち?

アフター時にかかる料金はホストが相談して決めています。

ただ、アフターをすることで信頼関係が深まり、太客になってくれる可能性があるので、基本的にホストが出すことが多いようです。

「ホストクラブでもお金を使うのに、アフターでもお金を出さなきゃいけないなんて…」と不満に思う女性客も少なくないので、ホストが料金を持つことをおすすめします。

ホストがアフターをするメリット

ホストがアフターをすることで、次のようなメリットがあります。

詳しくは以下から紹介します。

ホストクラブで使ってくれる金額が増える可能性がある

ホストクラブで使うお金が増える

お客様のほとんどは、お気に入りホストの特別な存在になりたいと思っています。

アフター時は、女性客がお気に入りのホストを独占できる時間ができ少し特別な関係になれた気がするのです。

となると、数いるお客様から自分を選んでくれた!と思う客は機嫌がよくなり、たくさんお金を使ってくれるのです。

客の機嫌を取れる

女性客の機嫌がいい

お客様は、「少しでも長くホストといたい」「2人きりの時間を過ごしたい」と思っています。

そのため、アフターをすれば機嫌を取ることができます。

少しおねだりして高いお酒を入れてもらっても「アフターするから」という一言で機嫌をなおしてくれることも少なくありません。

お客さんの機嫌が悪い時なども、アフターをすれば機嫌が良くなってくれる可能性があります。

信頼関係が構築できる

信頼関係が築ける

お客様と過ごす時間が増えれば、信頼関係が築けます。

一緒に過ごした時間の長さによって、相手に対する感情は進展するものです。

実際に、ナンバー入りしている売れっ子ホストの多くは、昔からのお客さんと長い繋がりを持ち信頼度も他の客とは違います。

信頼度が上がることで、ちょっとのことで機嫌が悪くなることもありませんし、長い付き合いがあるだけあり売上が少ない時も助けてくれるのです。

ホストがアフターをするデメリット

アフターは、デメリットもあるためしっかりと理解しておきましょう。

詳しくは以下から見ていきましょう。

自分の時間が少なくなる

自分の時間が少なくなる

アフターは、営業後に行うものです。

当然、自分のプライベートの時間が削られてしまいます。

自分の好きなことをする時間が減るため、ストレスが溜まってしまうことも。

短時間でもストレスを解消できる方法や趣味を見つけておくことをおすすめします。

初回枕で関係が切れる場合がある

初回枕で関係が切れる

女性客の中には、イケメンホストと夜の営みをすることを狙っている人がいます。

ホストクラブに初回で行き、ホストを誘いベットインするという女性客も少なくありません。

そもそもその女性客は、夜の営み自体が目的のため2回目以降ホストクラブに訪れることは少ないのです。

そうなるとホストにとってはただ時間を無駄にしただけになります。

そのため、初回で訪れたお客様とアフターして、枕をするということは控えましょう。

ガチ恋になって執着される場合がある

執着される

お客さんは、ホストにとって自分が一番の存在になりたいと思っています。

そのため、アフターをしたことで自分は特別だと思い込んでしまう人も少なくありません。

ガチ恋になって執着される可能性もあります。

ひどい時はストーカーになって、家まで追いかけてくる…なんてことも。

少しでもメンヘラ気質があると思う女性客には、アフターをするとしてもホストと客という関係は崩さないようにすることをおすすめします。

ホストの価値が下がってしまう

価値が下がる

アフターに誘ったら絶対来てくれるという存在では、お客様にとってホストクラブでお金を使う意味がなくなってしまいます。

そのため、仮にアフターをするとしても「いくら以上使ってくれるならしてあげるよ」など駆け引きを行うことをおすすめします。

また、自分の努力次第では、アフターをしなくても売上を作ることは十分にできます。

実際に、ホストの中には、100%アフターを断っている人もいます。

ホストの希少価値を下げないためにも、アフターをするかどうかの基準は明確にしておきましょう。

アフターはどういう女性とすべき?

使い方次第で売上に大きな影響があるアフターは、相手を選ぶことも大切です。

売上に貢献してくれている人

アフターは、売上に貢献してくれた女性に対して、ご褒美として行うのがおすすめです。

アフターで感謝を伝えることで、お客さんも頑張る理由ができさらいにお金を使ってくれるようになるでしょう。

アフターを利用して女性客の機嫌を上手にとるようにしてくださいね。

売上に貢献しそうな人

アフターは、営業方法のシステムの一つです。

今後、売上に貢献してくれそうな人を育てるために、アフターをすることもあります。

信頼関係を築いて特別感を与えることで、お金を使ってくれるようになるでしょう。

しつこい女性客のアフターを断る方法

お客さんの中には、しつこくアフターを迫ってくる人もいます。

トラブルを避けるためにも、断り方も覚えておきましょう。

詳しくは以下からご覧ください。

誰ともアフターをしないことをあらかじめ伝えておく

自分は誰ともアフターをしないことを、最初に説明しておきましょう。

指名をすると言われた時の確認事項として事前に伝えておけば、誘われても断りやすくなります。

アフター条件の会計金額を提示する

「1晩に30万円使ったらアフター」など、アフターをする条件を提示しましょう。

会計金額については、高めの条件を出しておくほうがいいですよ。

条件に達しないとアフターができないことがわかれば、断るのも簡単です。

アフターをするかしないかは別として、売上アップに繋がる可能性もあります。

新人ホストはお客様との時間を大切にしよう!

新人ホスト

指名本数がまだ少ない新人のホストは、指名客との時間を大切にしなくてはいけません。

女性客を大切にすることで、信頼度があがり長く関係が続くからです。

同伴やアフターを行なってお客さんの機嫌を取ることは、今後のホスト人生に大きく影響します。

人気ホストになりたいのであれば、新人の時期は、自分の時間を指名客や見込みのあるお客さんと過ごす時間に充てることをおすすめします。

まとめ

アフターとはなんなのか、アフターのメリットやデメリットなど、アフターの断り方と合わせてわかりやすくご説明しました。

アフターは、営業後にお客さんと2人で食事やデートをすることです。

アフターをするメリットやデメリットが以下のとおり。

アフターのメリット
  • ホストクラブで使ってくれる金額が増える
  • 客の機嫌が取れる
  • 信頼関係が構築できる
アフターのデメリット
  • 自分の時間がなくなる
  • 枕営業で関係が切れる場合がある
  • ガチ恋で執着される可能性がある
  • ホストの価値が下がる

アフターをすべき女性は、売上に貢献してくれる人や売上に貢献してくれそうな人です。

そして、しつこい女性客に対しては、事前にアフターをしないことを伝えるなど、断る方法も覚えておきましょう。

ホストの中にはアフターをしない人もいますが、新人の時期はお客さんとの時間を大切にする必要があります。

同伴やアフターを行なってお客さんの機嫌を取って、お客さんを切にすることを周囲にアピールしましょう。

信頼関係を築くことで、売上アップに繋がります。

あわせて読みたい記事