【周囲の反応】ローランド、ホストクラブ「THE CLUB(ザ・クラブ)」の閉店を決定!いつかまた・・・

【周囲の反応】ローランド、ホストクラブ「THE CLUB(ザ・クラブ)」の閉店を決定!いつかまた・・・

カリスマホストとしてホスト界で有名になり、「俺か俺以外か」などの名言でテレビからも引っ張りだこなROLAND(ローランド)。

2019年に自身が経営するホストクラブ「THE CLUB」を開店しましたが、2020年7月9日に閉店を発表しました。

カリスマホストとしてはもちろん、実業家としても有名なローランドはなぜTHECLEUBの閉店を決めたのでしょうか?

今回は、ホストクラブ THE CLUBの閉店理由はもちろん、在籍ホスト達の反応、お客様の反応まで詳しく調査してみました。

ホストクラブTHE CLUBの閉店が決定|その理由は?

ローランドが、自身の経営するホストクラブ「THE CLUB」を閉店すると発表しました。

View this post on Instagram

– – 皆様にご報告です。多少長くなりますがお付き合い頂ければ幸いです。 – – 突然ではありますが、この度私が運営しているホストクラブ『THE CLUB』を閉店する事を発表致します。 – – 現在の世間の状況の元、スタッフ達の安全を確保し、かつお客様に喜んで頂けるよう運営する事は困難であると判断したためです。 – – それに伴い現在抱えている従業員には 僕が運営しております、ホスト事業以外の会社への移動を促しております。 – – 尚、個人の意志を尊重し それでもホストを続けたいという従業員に関しては 僕が独立する以前にお世話になっていたグループの本店が責任をもって受け入れるとお約束してくれました。 この場を借りてお礼を申し上げます。 – – 懇意にして頂いたお客様や、ホスト業界に夢を持って集まってくれたスタッフを考えると、ホスト事業の撤退は胸が痛いですが 色々と思い悩み、この様な決断に至りました。 – – 勿論僕の中でホスト業界への情熱が消えた訳ではありません。 いつかまたこのTHE CLUBをやりたい。 その思いから、経済的に可能な限りは 既に契約していた拡大移店先の物件は解約せずに空家賃を払い続けることにしています。 – – 僕にとって、この物件を手放さない事がホストへの愛情を示す唯一の方法であり、アイデンティティの証明である気がするのです。 今でもホストは僕にとっての全てです。 – – 長々と綴ってしまい恐縮です。 いつか世界が落ち着きを取り戻したら、必ずまたみんなでTHE CLUBをやろう。 スタッフにはそう伝えてあります。 – – 止まない雨はないと思う暇があるのなら雲の上に行く努力をする。 明けない夜はないと待っている時間があるのなら東へ行く。 – これは以前僕が言った言葉です。 – 皆様も同じように辛い時期だとは思いますが、僕は何があっても絶対に諦めません。 自分の頑張りが皆様の勇気となるよう 今こそ、この言葉の意味を僕の行動をもって証明したいと思います。 – – そして最後になりますが 新型コロナによって被害に遭われた方々の早期の回復と御冥福を祈っております。 – また日々尽力して頂いている医療従事者の方々には心より感謝申し上げます。 微力ながら、皆様の力となれるよう可能な限り医療機関への寄付等は続けていこうと考えております。 – – 共に頑張りましょう。 僕も頑張りますので。 – – 再び皆様にお会いできる日を楽しみにしております。 今までTHE CLUBを愛して頂き本当にありがとうございました。 ROLAND

A post shared by 【ROLAND】 (@roland_0fficial) on

閉店の理由は主に以下2つを語っています。

THE CLUBの閉店理由

  • 現在の状況だとホストの安全が確保できない可能性がある
  • お客様に喜んでいただけるような運営も困難だと考える

上記のことから、新型コロナウイルスが日本各地はもちろん世界的にも影響を及ぼしていることに心を痛めていることが分かりますね。

また、緊急事態宣言解除後の2020年6月~7月にかけて、夜の業界関係者から多数の新型コロナウイルス感染者が出ていることも閉店につながった一つの理由と考えられます。

働く場所を失う在籍ホスト達については、自身の意志を尊重して望む人にはホスト事業以外の会社へ移動をしてもらうとのことです。

今後もホストを続けたいという意志があるホストについては、ローランドが独立する以前に在籍していた「PLATINA 本店」で受け入れてもらう体制を整えているようです。

ホスト達もいきなり仕事がなくなる心配はなさそうなので安心ですね。

情勢が落ち着いたら「またTHE CLUBを開店したい」と意思表示

なお、閉店とはいいますがホスト事業に対する熱い想いが消えたわけではなく、「今後情勢が落ち着いたらまたTHE CLUBを開店したい」と述べています。

実際、拡大移転策の物件は解約せずに空家賃を可能なかぎり払い続けるとのこと。

いつになるかはまだ分かりませんが、新生THE CLUBの開店を心待ちにしていましょう!

閉店に伴うホスト達の反応は…?

THE CLUBに在籍していたホスト達の反応を調査してみました。

まずは、ローランドの1番の側近として活躍していた優士さんの声を見ていきましょう。

あと2ヶ月後にはTHE CLUBの拡大移転が決まっていて、その責任者も任される予定だった優士は悔しい気持ちでいっぱいだと語っています。

しかし、ローランドと同じく諦める気はなく情勢が落ち着いたら復活すると決意を表明しています。

次に幹部として活躍していた俊さんの言葉を見てみましょう。

自身も働き慣れた店舗が閉店することで辛い心境のはずですが、ローランドを気遣う言葉を発しているあたり優しい人物であることがわかりますね。

自分になにができるのかを考えて行動していくと決意を決めているようです。

次に入店してわずか一カ月の桜木優美叶さんの言葉です。

桜木優美叶さは、「入店して1ヶ月だが思い入れが強く悲しい」「またTHE CLUBで働ける日を夢見ている」と語っています。

それだけ、温かいホストクラブだったのでしょう。

在籍ホスト多くは、「またみんなで一緒にホストをしたい」「復活をあきらめる気はない」と強い意志を持っているようです。

今後在籍ホストに愛される店THE CLUBの再開店することを期待しましょう!

ROLANDファンやTHE CLUBのお客様の声

では、最後にローランドのファンや関係者、THE CLUBのお客様方が閉店にどう感じているのか見てみましょう。

都議会議員の尾島さんは、4月からローランドと連絡を取り合い、夜の街対策をどうしていくか話していたと語っています。

また、都の対策が至らずこのような結果になり申し訳ないとも述べていますね。

このことからローランドは自身のホストクラブのみならず、夜の街全体で新型コロナウイルスの対策をしていく方針を考えていることが分かりますね。

自身だけではなく、他人も思いやる心を持つローランドさんにさらに好感を持てます。

その他、閉店に心を痛めている声が多数見つかりました。

https://twitter.com/natsumimiriri/status/1281250262812725248?s=20

https://twitter.com/Spur58780182/status/1281280692853198850?s=20

https://twitter.com/822_ar/status/1281388812858306561?s=20

まとめ

ホストクラブTHE CLUBの閉店には夜の街の関係者のみならず、テレビでローランドファンになった人にも衝撃を与えました。

しかし、「今後情勢が安定したらまた再開したい」と熱い想いを述べていること、今でも店の家賃を払い続けていることから再開店をする意思は強いと考えられます。

また、ローランドやTHECLUBに在籍するホストに会いにいけるようになるためにも、一人一人が新型コロナウイルスの予防や対策を行っていきましょう。

あわせて読みたい記事